StockUp Basic StockupStockUp Basic(株取引スーパーツール)
empty 国内株式の日足データを、PC上に一般的なDBとして保持して利用、
指標スクリーニングと、戦略の最適値の検証、
さらに、売買の戦略を設定したシュミレーション、シグナル監視の自動売買までできる。
楽天マーケットスピード(RSS)に対応した、多機能リアルトレード支援ツール
あなたの日頃の株取引に、ぜひご活用下さい

app_infoStockUp Basicの特徴

特徴1:低コスト
  • ネット経由で無料で取得できるサイトから、過去の国内株式全銘柄の取引データを取得し、お使いのPC上にデータベースとして保存でき、一般的な投資支援サービスに比べ、定期的な費用が発生しません。
  • ソフトウェアの購入時にかかる費用は、安価に設定されており、バージョンアップなどの場合を除いて、特別な追加費用は発生しません。
特徴2:簡単操作
  • 株価情報やファンダメンタル情報、解析結果は、一般的な表形式で数値表示され、かつ、色分けによる傾向表示されるので、豊富な情報が一度に確認できます。
  • まずは、30日間無料で利用できる体験版をダウンロードし、十分に試して、使いやすさを実感してください。
    (一部、体験版の機能制限あり)
特徴3:主な特徴
  • 東京証券取引所の国内株式の殆ど全ての銘柄を管理の対象にできます。
  • Microsoft AccessのMDB形式で、過去の日足データが保存されており、他のアプリケーションから再利用する事も、CSV形式とのデータ交換も可能です。
  • 過去の取引データは、Yahoo!ファイナンス、k-db.comのサイト、楽天証券RSS経由の他、「Pan Rolling」、「イザナミ」のソフト利用者は、可能な限り本ソフトへのデータの取得が可能です。
  • トレンドなどのグラフ表示機能は省いており、必要な場合は外部のサービスを利用する事にしています。
  • 市場開催中の値動きは、楽天Maeket SpeedとRSS(リアルタイムスプレッドシート)経由で取得します。取引中の変化やトレンドの動きは、判定値と色分けで一瞬で判断できます。
  • 自分の建玉情報を設定する事により、保有銘柄の損益状態を監視できます。
    基本的に取引は、買い仕掛け(ロング)にのみ対応しています。
  • 楽天Maeket SpeedとRSSの動作を監視するプログラム(MsDelivery)を別に常駐させる事によって、サーバーとの接続が切断されても、自動で再開できます。
  • 過去7日までの分値データを、k-db.comのサイトから取得し、デイトレの取引シグナルの判定に利用します。
  • マウスクリックによって、簡単にMaeket Speedの情報表示画面や、関連サイトに移動できます。
  • 予め組み込まれた、各種の戦略を用いて、最適値の計算と、判定が可能です(最大50日のバックトレース)。
  • 予め組み込まれた、各種の戦略を用いた、リアルタイムの取引シュミレーションが可能で、取引中、売買シグナルがログウィンドウに表示されると同時に、音で知らせます。
  • 「StockUp Basic」正規版では、実取引の自動売買機能が標準装備されました。
  • その他、表示フォントサイズの変更、時刻合わせ、市場カレンダー管理、など機能多数。

ConfigStockUp Basicの表示画面

<銘柄一覧>画面。

・最長西暦2000年からの日足データをDB上で管理し、最終日の指標と各種戦略の最適値を計算して表示し、スクリーニングも行えます。
各セルは背景色によって、それぞれ固有の情報を表し、列ヘッダ部をクリックすることにより、ソートして並び替えができます。

【銘柄一覧】画面
page_1_1
<メニュー:表示> 列の表示項目(約45件)を選択、変更できます。
page_1_2
<メニュー:銘柄管理> 表に表示する銘柄を編集し管理します。
page_1_3
<メニュー:データ管理> データベースの日足データを登録、編集、再構成します。
page_1_4
<メニュー:検索> 指標、銘柄間の相関、ゴールデンクロス/デッドクロス等の条件で、スクリーニングします。
page_1_5
<メニュー:ツール> 楽天リアルタイムスプレッドシート経由のデータ受信の為に、楽天証券アプリの起動、停止を制御する他、データの再計算等を直接実行します。
page_1_6
<メニュー:設定> 表示フォントサイズの変更、各種設定値を編集します。
page_1_7
<候補銘柄>画面

投資候補銘柄のスクリーニング結果を表示したり、各指標でのソート、絞り込みをします。
各セルは背景色によって、それぞれ固有の情報を表し、列ヘッダ部をクリックすることにより、ソートして並び替えができます。

【候補銘柄】画面
page_2_1
<建玉管理>画面

リアルタイムの取引状態を関する銘柄をリストし、各種の変化を監視すると共に、設定した戦略で発生するシグナルを監視し、取引をシュミレートします。
各セルは背景色によって、それぞれ固有の情報を表し、列ヘッダ部をクリックすることにより、ソートして並び替えができます。

【建玉管理】画面
page_3_1
<取引履歴>画面

実取引が完了した銘柄の履歴を保存します。
各セルは背景色によって、それぞれ固有の情報を表し、列ヘッダ部をクリックすることにより、ソートして並び替えができます。

【取引履歴】画面
page_4_1

ConfigStockUp Basicの便利な機能

便利な機能の一例
  • 楽天マーケットスピードとリアルタイムスプレッドシートの2つのアプリの自動起動と、起動監視をするプログラムが、別途付属しています。 このプログラムを常駐させることにより、本プログラムの動作に必要なこれら2つのアプリの起動管理をすべて自動化できます。
  • 東証、マザーズ、ジャスダックの全銘柄(楽天マーケットスピードで取得可能な銘柄)を管理できます。
  • 信用銘柄と貸借銘柄の区別、業績状態などが色別け表示されるので、直感的に判断できます。
  • 日経平均のトレンドの傾向が、画面の背景色で9段階に色分けして表示されます。
  • 株価情報に合わせ、ファンダメンタル情報も表示されます。
  • 全銘柄について、外資率も表示されます。
  • 日経225平均との相関値だけでなく、任意の銘柄の株価との相関値、逆相関値も知る事ができます。
  • 指定日数(日足)、或いは指定時間(分足)だけ先行(追随)した相関値、逆相関値まで知る事ができます。
  • スクリーニングのフィルターを、各種指標の他、最低仕掛金額、ボラティリティー指数、主要な戦略での評価点などで設定できます。
  • ゴールデンクロス、デッドクロスの銘柄も簡単に検索できます。
  • Basic版では、予め抽出した最大100件の銘柄の、一日の市場の動きをリアルタイムで監視できます。
  • 監視銘柄に対して、予め、各種売買シグナルを設定する事により、リアルタイムの売買シュミレートができ、その損益結果が集計されます。
  • 各種戦略のバックトレースは、最大50日までさかのぼって検証し、1回の売買単位での仕掛情報まで、一覧から簡単に確認できます。
  • 毎日、戦略の再評価を実行する度に、売買シグナルの設定値を、より最適な値に自動で更新できます。
  • 監視銘柄の画面「建玉管理」では、日経225平均の他、日経225先物、ドル/円相場の動きも、値と5段階色で表示し、動きが簡単に判断できます。
  • 各画面の表示情報は、CSVファイルでの保存、読込みができます。
  • 各画面への銘柄の登録は、クリップボード経由のコピー、ペーストで可能なので、他の情報サイトのページなどから簡単に取り込む事ができます。
  • 各画面の一覧に表示する項目を指定できます。また、各表の桁幅を任意に設定でき、できる限りフレキシブルな表示ができるよう配慮されています
  • 表示画面のフォントサイズを変更できるので、大きなフォントで見やすくできます。

web今後の発展

このソフトは、現在も、機能向上を目指して開発途上にあります。

2016年5月より、自動売買(自動損切り)機能を「StockUp Basic」に標準装備し、機能も随時アップしつつあります。

より多くの皆様にご利用頂けるよう、正規版の価格を大幅に安くしました。

ご使用になられて、機能上のご要望や、ご相談などがありましたらお気軽にご連絡ください。より良いソフトを目指していく所存です。

emailお問い合わせフォーム